質の高いフライヤー印刷を行なってもらおう【作成の手順をチェック】

ハガキ

よいDMを作るために

圧着ハガキでダイレクトメールを作ると開封率が高く、郵送料も安くなるので最高の営業ツールとなります。しかし、印刷面を小さめにしたりや宛名シールを使えないなど制約があるので、業者にサポートをしてもらいながら作った方がよいでしょう。

印刷

印刷物発注の基礎知識

幅広く宣伝活動を行いたいときには、予算や目的に合わせて、印刷会社にチラシの作成を依頼するのが効率的です。1枚当たりの単価が割安なプランもありますが、テンプレートを活用してお洒落なデザインを作成したり、冊子タイプの印刷物を発注することも可能です。

投函

年の初めのご挨拶

写真入りの年賀状を自前で作成しようとすると、デザインの難しさやプリンターの不具合といった様々なトラブルに見舞われます。年の初めに大切な方々へ新年のご挨拶を申し上げるものですから、写真入り年賀状の作成・印刷は業者に依頼するのがベターです。

CMYK

自宅よりも高品質に

自宅や会社でも印刷物を仕上げることは可能ですが、クオリティも料金も大きな違いがあります。神奈川には多様な会社があり、インターネットで検索し、見積もりや入稿も手軽にできる所がほとんどです。他と差をつけたいなら専門業者に依頼するのが良いでしょう。

印刷機

得するメリットとは

印刷業者を利用してフライヤー印刷を行う場合は業者によって特別なサービスを受けることもできます。デザインから受注しているところもありますので、デザイン能力がない場合はイチから全て依頼するという方法もあります。

業者での印刷の流れ

印刷機

フライヤーを印刷する手順

フライヤーの印刷を行う場合は業者に依頼することをおすすめします。その理由としては高品質な完成度です。フライヤーは通常の印刷物とは異なり、一般的には多少厚みのある用紙で印刷するのが多いでしょう。例えば自分で印刷を行う場合自宅のプリンターを使う時には用紙の種類には限界があります。厚みのある印刷用紙だとプリンターでは使えない場合があるのです。コピー機を利用する場合は持ち込みの用紙が使えるコピー機が限られていますし、用紙の種類も制限されているので自由度が少ないというデメリットがあります。フライヤー印刷を行っている専門の業者では豊富な用紙の種類だけではなく印刷の精度も高いので多くの人に選ばれています。フライヤー印刷を行う場合は業者の料金を比べながら選んでください。同じ枚数を印刷するとしてもフライヤー印刷業者によっては価格が異なります。一枚あたり数十円程度で行えることがほとんどですが、枚数が多くなれば単価も下がります。一度に多くの枚数を依頼した方がお得に印刷できるというわけです。フライヤーのデータを業者へ渡しそのデータをもとに印刷を行ってもらいます。業者により規定が異なりますので注意しましょう。フライヤー印刷業者を利用すれば仕上がりだけではなくコストを抑えて印刷が完了するのでおすすめです。印刷できるデータなのかのチェックは業者が行いますが、データ自体のミスがあるかどうかはチェックしないので入稿前に最終確認は忘れないようにしましょう。

Copyright© 2018 質の高いフライヤー印刷を行なってもらおう【作成の手順をチェック】 All Rights Reserved.