質の高いフライヤー印刷を行なってもらおう【作成の手順をチェック】

よいDMを作るために

ハガキ

業者にアドバイスを受ける

ネットの広告はコンピュータを開いて意識して調べたりしないと見ることができないのに対して、ダイレクトメールを送ると意識しなくても目にとめることができます。しかし、送ったダイレクトメールも見てくれなければ意味がありません。そこで圧着ハガキを使ってダイレクトメールを送ると、人は隠されているものはどうしても見たいという衝動にかられて見る性質があるので、圧着ハガキは広告媒体として最適な手法となります。しかも、郵送料ははがきと同じになって、情報量は2倍から3倍はあるといいことづくめの手法なのです。圧着ハガキはとても便利な営業ツールですが、はがきとして郵便局に認めてもらうには様々なハードルがあります。Z折の圧着ハガキを作ろうと考えた場合には単純にはがき3枚分の容量の文面がかけると考えがちですが、縦も横もはがきを3枚あわせたよりも小さめに作らなければいけません。その他にもZ折の圧着ハガキを作った場合は宛名にはシールを使わない方がよくなります。これは、はがきに貼れる添加物は2点までと定まっているため、宛名シールを添加物とみなされてしまうとはがきと認定されてなくなってしまいます。このように圧着ハガキはレイアウトや記入内容については簡単には決めることができないため、業者にアドバイスをもらいながら作成するべきです。うまく作れた圧着ハガキのダイレクトメールは開封されやすく、コストを最小化した営業ツールとして使うことができます。

Copyright© 2018 質の高いフライヤー印刷を行なってもらおう【作成の手順をチェック】 All Rights Reserved.